一駅歩いてダイエット

ダイエットにはウォーキングがよい、とよく言われますが、忙しいサラリーマンは、歩く時間も限られることが多いでしょう。デスクワーク中心の開発や制作の仕事だと、たまの打ち合わせぐらいしか外出の予定がない、なんていうことも普通で、これだと、なかなかウォーキングダイエットはできません。そこでオススメなのが、「一駅歩く」です。これができるのは都市部に勤務されている方だけだと思いますが、ウォーキングをするのなら、とても有効な方法です。一駅歩くタイミングは、ずばり帰宅時。タイムカードを打刻しても駅に向かわず、線路沿いに隣の駅まで歩くのです。帰る方向は電車と変わりませんから、時間的なロスはそれほど大きくありません。複雑な駅構内を歩いてホームに至り、電車を待つうち5分経過する、と考えれば、プラス1キロ歩いて15分加算されるのは、それほどしんどいダイエットとは言えません。より痩せたければ、2駅30分ぐらいがオススメです。このぐらいの距離を毎日歩くと、かなりのダイエット効果が期待できます。ただ、都市部でないと、駅と駅との間隔がありすぎるため、このダイエットは使えません。1時間以上歩くこともあるためです。また、終電には十分注意しましょう。

 

ダイエットに夢中で旅行や出張のホテル予約を忘れてしまう人も多いようですが、今日泊まれるホテルを見つけることが出来るサイトもありますので、ホテルの予約を忘れてたなんて日は利用してみましょう。

普段の生活にもダイエットのチャンスあり

ダイエットを行いたい、と考えても、ハードな運動は辛いもの。わざわざ時間を取ってスポーツをするというのは面倒ですし、現実的にそんな時間はない、という人が多いのではないでしょうか。そこで、日常生活の中で運動っぽい動きがあれば、そこに着目してみましょう。例えば掃除。腰を屈めて重い掃除機を家じゅう転がすというのは、実はかなりのハードな運動。そのカロリー消費は一時間掃除をするだけで170kcalというから、ダイエットとしても十分な運動です。大掃除などだと、200kcalオーバーのカロリー消費が見込めるのだそうです。ダイエットしながら家をキレイにできるのは、主婦にとってもよい話ですよね。スーパーでの買い物も、カートをころがしながら1時間以上歩くので、これも150kcalオーバーのダイエットです。もっと言うと、なるべく椅子に座らないことを心がけるだけでも、かなりの運動になります。よいパートナーに恵まれているのなら、セックスもダイエット効果があることを知っておきましょう。もっと言うと、笑ったり、飲み物に冷たい水を選んだりするだけでもダイエットには役立つのです。時間がない、時間がないと言わずに、できることを探してみましょう。